LINK
自動車に乗る方であれば承知だのはずですが、自動車税の納税義務があります。そしてこの税金は、手放す自動車の売却時に当然のように還付されるものなのです。こうしたことはやるとすぐ頭に入ってくると思いますが、はじめから順番に出来るだけわかりやすく紹介していきます。一応補足させて頂けば、国内の車のみに限らず外車等も自動車税が還ってくる対象に決まっています。もちろん車についてもそうです。自動車の所有者が支払うものですが、税額は車の排気量の大小により決定されます。1リッターより小さいのであれば29500円1リッターから1.5リッターまでであれば34500円。これ以降は500ccずつ5000円ずつ増加していきます。またこの金額は4月1日の時点の所有者が、以後一年分のお金を納める定めとなっています。要は先払いということですから、もちろん車を引き取ってもらって、所有者でなくなったケースは前払いした分の税は還ってくるのです。この自動車税は事前納付で以後一年分の全額を納めますので、その翌年3月までの間にクルマを買い取ってもらった場合は新たな保有者がお金の納付義務を負うということです。買い取った相手が専門店ならば売却時に自分が前払いしている分の金額を返してくれます。つまり所有権が移転された際以後の税は、新しい所有者が払わなければなりません。例えばあなたが10月のうちに愛車を買い取ってもらった場合は、11月から翌年3月いっぱいまでの払ったお金は返金されます。それは、前述の通り自動車税の場合は前払いであるという事実によるものです。まとめると、あなたは売却相手に税を返金してもらうということになります。業者を介さずにクルマを引き取ってもらう場合には結構このような大切なことを忘れている人がよくいるのできちんと確認するようにしましょう。自動車税が自動車を手放すと返金されるということを意外に知らない人が多い事をいいことに、それを隠す買取業者もあります。こちら側から税金に関して言わなければ一切そのことには触れないという場面もしばしば見られます。ですので車の買取をするさいには、税金が返ってくるか否かの確認を忘れないようにしましょう。