LINK
自動車重量税、別称重量税というものは国内メーカーの自動車もしくはドイツ車というような自動車の国や電気自動車、ロールーフ車等車体も関係なく例えば、ミツビシやポルシェ、等でも同様に納税の義務がある税なんです。新車登録をするさいあるいは車検を受けるさいに支払う必要があるものなのです。その額はそれぞれの自動車の重量で決まっています。「自動車重量税」と「自動車税」では全く別の税のためきちんと理解をして混同しないようにしましょう。「自動車重量税というものは重さ毎に」「自動車税という税金は車の総排気量によって」金額が違います。それにより、引き取りの時の対応も違ってきますから、注意しましょう。クルマの売却の時には既に支払った自動車の重量税がどれだけ残っていた場合でもその税額が還ってくるようなことはありませんが、一方自動車税の時は既に支払った金額を査定額に乗せてくれるようなケースがあるものの、重量税の時は上乗せされるという事例は全然ありません。重量税の場合は、いくら納付済みの税金が残っていると言っても自動車店でそれが考慮されることはほとんどないと思います。なので次の支払いつまり次の車検まで売らずに待ってから買い取りをお願いするのがベストでしょう。車買取の際は還付の対象にならない重量税でも、ある事例だと戻ってくることもあります。これにあたるのは、次の車検までの期間が残っているクルマを廃車にしてしまう時です。要は廃車申請をすれば、残っている期間に応じた重量税が返ってきます。ですが、車の買取の時はその中古車が廃車になるわけではないので戻ってきません。それから売却する自動車の名義の変更をした時や盗難された時なども返金してもらうことは不可能です。自動車重量税の残存期間がある自動車を売却するというのはつまり車検が残っている自動車ということと同じです。そういったことを買取店も考慮しますから、自動車重量税が残っていれば少しは買取額があがるはずです。勿論買取金額は店により違ってきますが、車検期間が残っていることが考慮されれば、クルマの買取金額と比較するとあまり払い損ということもありません。