LINK
少しでも高い価格の査定金額で車を買い取って欲しいのであれば見積を依頼する前に最低でも確認をするべきことは多くあるのです。清掃をして、自分の車の臭気や汚れを取り除いておくことが大事なポイントのひとつです。売却する自動車の買取査定を出すのも生身の人間ですから「キレイではない車だな〜」と感じてしまったら当たり前にいい査定をしづらいのは理解できると思います。臭い、よごれの掃除すらしていない大事にされていない査定車という感想を持たれかねません。車種に関係なく中古車を売る場合でも例外ではないです。第一に、臭気に関して最も多い買取金額が下がる原因に、タバコの臭いが考えられます。車の中は限定された空間です。車の中で煙草をふかせば、タバコ臭が自動車の中にこびり付いてしまいます。ここのところ煙草を排除する動きがよく言われているためそのような世間の流れあるのでかなり下取りの額に影響します。自動車の処分際は最低でもファブリーズなどのアイテムで売却する自動車の車内の臭いを消しておく必要があります。また、犬や猫などの臭いは売却額に影響します。普段から犬や猫などと車に乗る自分だとわからない事もあるので、誰か他の人に査定に出す前に確認を協力をしてもらうのがいいと思われます。また汚れに関しては、愛車を取引した後に自動車買取専門会社の業者が自動車を掃除して市場に出るので掃除する必要はない、などと思って査定依頼したら相当自動車の査定金額を引かれます。経年によるそこそこのよごれはしかたありませんが誰でも取る事が容易なよごれに関しては洗車や掃除をしてなくしておく必要があります。愛車にワックスがけや手放す自動車のトランクルームの整理も重要です。実際ワックスがけに使う費用や車内清掃にかかる必要経費と汚れているのが原因で査定で差し引かれる見積金額ではマイナスの方が大きいです。大切にしてきた手入れをして乗っていた自動車かという点でみると洗車に出したり清掃をしておくということが素晴らしく望ましいと考えられますが車の査定を依頼するときのマナーだと思いますので、引き取り査定以前に清掃を済ませることだけは売却する自動車の買取金額を高額にしようとする場合に、なるべく済ませるべき仕事のひとつだといえます。